Copyright © 2016 (株) フラリッシュエンタテインメント All Right Reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle

SPECIAL

馬原美穂とギターとの出逢い

 勝吉 

 

宮崎の楽器屋で試奏してみほちるベタ惚れる。

それ以降弾き過ぎて穴があく程の長期相棒に。

生音は全てのみほちる所持ギターの中ではダントツ。

今では現役(ステージ使用)を引退している。

Garrisonはカナダの新鋭のギターメーカーだったたが数年前に

ブランド名も消滅してしまったようで今となっては入手困難なギター。

 天吉 

勝吉引退に際しみほちるが秋葉原で文字通り一目惚れしたギター。

見た目も然ることながらピックアップシステムが素敵過ぎて

試奏してまたベタ惚れる。

勝吉以降の長期相棒。

Cole Clarkは2001年創業のオーストラリアのギターメーカー。

ナチュラルピックアップシステムは専売特許で

ライブハウスに適したアコースティックギター。

 蓮吉 

 

ColeClarkのモニターアーティストが決まって

マネージャーからのおめでとう贈り物。

何本も試奏しまくって選んだ一本。

天吉とは兄弟で現在はサムライロックオーケストラの舞台で活躍中。

 桜吉 

たまたまネットで見つけた桜の木で出来たギター。

そして試奏しに行ってまんまと心を奪われる。

現在ではほぼレギュラー。

音がまだ馴染んでいないので弾き込みをしているところ。

HEADWAY Standard Seriesでは初となる「桜の木」をサイドバックに使用した特別モデル。

指板インレイをリニューアルし上品なデザインに仕上がっている。

桜の花びらをモチーフとしたピックガードには指板やブリッジと同じ「パープルハート」をオイル仕上げで使用し、上位機種ATBモデルにも引けを取らないモデル。